花王が2700円もする「白髪染め」に込めた狙い

超高額商品は停滞市場の「起爆剤」になるか

花王が5月下旬に発売する白髪染めの新ブランド「リライズ」。同社にとって最高価格帯の白髪染め商品となる(記者撮影)

「これまでにないまったく新しい白髪染めを投入する」。花王の高田精千・ヘアケア事業部長は高らかにそう宣言した。

同社は5月下旬から、白髪染めの新ブランド「Rerise(リライズ)」を販売する。今回発売するのは、白髪を黒髪に戻す「リ・ブラック」と、グレーに染める「グレーアレンジ」の2種類。リライズは使うごとに髪が色づく仕組みで、好みの色に近づくまでまずは3日間使用し、その後は週1回の使用で髪色を維持することができる。

価格は従来品の約3倍!

通常のヘアカラー剤であれば、風呂場の外で髪が乾いた状態でつけなければいけない。一方、リライズは風呂場でリンスをするように、髪に適量をなじませ、5分放置してからすすぐだけ。手間がかからないという特長を持ち合わせている。

今回の新商品で驚くべきは価格だ。花王はすでに「ブローネ」で白髪染めを展開しているが、リライズの価格はブローネの3倍となる約2700円(税抜き)。同社にとっては最高価格の白髪染め商品となる。花王は、なぜこのタイミングで高価格帯の白髪染めの発売に踏み切るのか。

背景にあるのが家庭用白髪染め市場の停滞だ。2009年度に676億円だった市場規模は、2017年度に589億円となり減少傾向が続いている(インテージ調べ)。

次ページ家で白髪染めをする人が減る理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。