公用車で「ヨガスタジオ通い」林文科相が釈明

「国会が緊迫する中で混乱を招いた」と謝罪

林文科相は、公用車でヨガスタジオに通っていたと週刊誌が報じたことを受けて会見し、公用車の使用は問題ないが、国会が緊迫する中で混乱を招いたとして謝罪した。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

林芳正文科相「今回のケースは公務と公務の間なので、公用車使用ルールにのっとったものですが、今後は誤解を招かないように気を付けてまいらねばならないと思う。今回は、国会が緊迫する中でこうした混乱を招いたことをおわび申し上げたい」

平日に公用車でヨガスタジオに通っていたと週刊文春が報じたことについて、林文科相は「公用車の使用は、公務の円滑な遂行を図るため、必要な場合は使用が認められる」「文部科学省のルールにのっとったもので問題はない」との認識を示した。

一方で、「国会が緊迫する中で混乱を招いた」として謝罪した。

またヨガスタジオについては、キャバクラのような店ではなく、通常のヨガスタジオであり、健康増進のために5、6年前から通っていたと話している。

日テレニュース24の関連記事
南北首脳会談 晩さん会デザートに“竹島”
大韓航空パワハラ“暴言の音声”新たに公開
内閣不信任決議案提出なら「解散も選択肢」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?