食後のデザートが別腹に感じる本当のワケ

ほかの動物では起こらない食欲を生み出す

満腹でもお腹におさまってしまうのはなぜでしょうか(写真:tomos / PIXTA)

皮下脂肪より危ない内臓脂肪。そのまま放置すると高血圧や糖尿病など生活習慣病はもちろん、各種のがんや認知症の原因になることもわかってきました。奥田昌子さんの最新刊『内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法』は、肉や炭水化物の正しい摂り方、脂肪に効く食材、効果抜群の有酸素運動などを最新の論文をもとに解説していて、続々重版となる大反響です。

今回はその中から、食欲と大脳の意外な関係についてご紹介します。

「別腹」は脳のいたずら

サバンナで暮らすライオンは、空腹でなければ狩りをすることはありません。満腹中枢から「やめ!」の指令が来ると、満足そうに横になってしまいます。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

ところが人間は違います。おいしいものなら食がどんどん進みますし、好きなものを出されれば、満腹であってもおなかにおさまります。これがいわゆる別腹で、食後にケーキを平らげる女性だけでなく、誰のおなかにも備わっています。

フレンチであれ和食であれ、コースが進んで「このあとデザートをお持ちします」の声がかかると、脳でオレキシンという物質が分泌されます。この物質の仕事は胃の動きを活発にして、胃の中の食べものを腸に送り出すことです。これにより胃にスペースができると、まだ余裕がありますよという情報が脳に伝えられ、摂食中枢からゴーサインが出るのです。

オレキシンには別の仕事もあります。眠っていてもおなかがすくと自然に目が覚めて、食べものを探して台所をうろついてしまうことがありますね。この目覚まし時計はオレキシンによるもので、眠ったまま飢え死にしないようにするためのしくみです。

人間が摂食中枢と満腹中枢をだましてまで食べてしまうのは、大脳が大きく発達しているからです。色あざやかなトマトのパスタ、鰻屋さんの窓から流れる香ばしいにおい、お肉がジュージュー焼ける音など五感への刺激や、食べて満足した過去の記憶など、大脳のあちこちから届く情報が摂食中枢を強力にゆさぶります。食べることで豊かな気持ちになれるのも大脳のおかげです。

次ページこのとき脳では…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。