高2女子殺害、侵入したら騒がれたので刺した

「現場まではバイクで行った」と供述

広島県廿日市(はつかいち)市で2004年、高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された会社員鹿嶋学容疑者(35)(山口県宇部市)が、「家に侵入したら騒がれたので刺した」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。

事件前に北口さんと接点はなく、「通りすがりでやった」と話しており、県警は、侵入した目的についても調べている。

一方、鹿嶋容疑者の親族によると、鹿嶋容疑者は山口県宇部市に実家があり、01年に県内の高校を卒業。県内の金属加工会社に就職し、実家を出て寮で生活していた。

しかし、04年に退職。同年10月頃に宇部市の土木会社に採用されて実家に戻り、逮捕前まで暮らしていた。

鹿嶋容疑者は、寮にいた頃から黒のミニバイクで移動しており、再就職するまでの間、よくバイクで遠出していたという。

事件が起きたのは同年10月5日で、鹿嶋容疑者は調べに対し、「現場まではバイクで行った」と供述。当日、北口さんの自宅前を走る黒っぽいミニバイクが目撃されており、県警は、鹿嶋容疑者のバイクだったとみている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大空室時代が来る!<br>不動産投資サバイバル

ブーム一服の不動産投資。空室率悪化、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」破綻など危うい気配も。多額のローンを抱えるサラリーマン投資家はどうなる?最新空室率マップも掲載。