宇宙論を騒がす「ダークエネルギー」の正体

膨張させるエネルギーはどこから来ているか

「ムー」を持つ小谷太郎氏と『言ってはいけない宇宙論』を持つ三上丈晴氏(写真:幻冬舎plus)
NASAでの勤務経験もあるX線天文学者の小谷太郎氏が上梓した『言ってはいけない宇宙論 物理学7大タブー』が発売即重版になる大反響。世界のタブーに挑むといえばあの雑誌、月刊「ムー」である。物理学のタブーから世界のタブーまで、小谷太郎氏と月刊「ムー」編集長三上丈晴氏が秘められた禁断の扉を開ける。

最新の宇宙論はどこへ向かっている?

宇宙はいつ始まったのか? 終わりはあるのか? そもそも宇宙とは何なのか? そうした疑問、素朴で、しかし私たちという存在の本質を突く「宇宙とは何か?」という問いに答えようとさまざまな仮説が立てられてきた。それが宇宙論だ。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

中でももっとも知られ、現実との整合性が高いとされるのが『ビッグバン宇宙論』である。現在の宇宙論は、多くがビッグバン宇宙論、宇宙が一点から爆発して始まったという理論を基本としている。

小谷:宇宙は膨張している、爆発から始まったんだというのが発見されると、誰でも期待しちゃうのは、じゃあ縮むこともあるのかな、ということですね

三上:そうでしょうね。

小谷:縮むのだとすると、宇宙とは「爆発して縮んで、また爆発して縮んで」という繰り返しじゃないのかと考えたくなる。宇宙の膨張が発見された初期は、この仮説は否定できなかった。

最近は観測技術が向上して、宇宙を細かく測定できるようになってきた。そうするとこういう夢のある話がなくなってきちゃうんですね。

宇宙背景放射という宇宙の温度が測定されて、3ケルビンという極低温だと分かった。それが2.7ケルビンになって、2.73ケルビンになって、温度を測る精度が上がっていく。精度向上ぐらいしかもう宇宙論はやることがないのか? そういうムードの時に出てきたのが、宇宙の加速膨張なんですね。

小谷太郎氏(写真:幻冬舎plus)

三上宇宙が加速しながら膨張しているという話ですね。

小谷:宇宙が爆発から始まったのなら、同じ速度で膨張しているはずです。しかし最近の観測で、宇宙が加速しながら膨張していることがわかった。膨張させるエネルギーはどこから来ているのか? そのエネルギーがダークエネルギーです。宇宙にはダークエネルギーという謎のエネルギーが充満しているということがわかったんですよ。そうなると宇宙論もこれから面白いことが残ってるじゃないかと。

次ページダークエネルギーという単語はすごい発明
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT