衆院議員の資産が公開、平均資産は過去最低

最多は自民党の神山佐市議員で9億3071万円

去年10月の総選挙で当選した衆議院議員の資産が2日、公開された。1人あたりの平均資産は2917万円で、過去最低となった。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

衆議院議員で資産額が最も多かったのは、自民党の神山佐市議員で9億3071万円。麻生副総理兼財務相は3位で、4億8682万円だった。

1人当たりの平均資産は2917万円で、公開が始まった1993年以降で最も低くなった。

政党の党首では、トップは自由党の小沢代表の2億1491万円、2位は自民党の安倍首相で1億396万円だった。

一方、立憲民主党の枝野代表は預金132万円と車3台のみ、希望の党の玉木代表は資産ゼロだった。

日テレニュース24の関連記事
“森友文書改ざん”揺れる財務省で入省式
中国宇宙実験機「天宮1号」大気圏に再突入
“最高グレード”のフリージア 初競り
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
空調機器で断トツ狙う<br>ダイキンの世界制覇戦略

空調世界トップのダイキン工業がインドで躍進。2010年に空調で世界一になり、業績も右肩上がり。日本の電機メーカーが海外で勝てなくなって久しい。なぜダイキンは勝てるのか?