卓球で「公式ボールの製造国が有利」は本当か

国際基準はあるが、国によって微妙に異なる

最高級品の「プラ3スタープレミアム」は1個あたり360円(写真:記者撮影)

「チョレイ!」でお馴染みの張本智和選手など若手が台頭し、国際大会でメダルの常連となった卓球ニッポン(なお、張本選手は「チョレイ」の試合中の使用を現在自粛している)。この躍進の陰には、日本の「卓球ボール」の存在もあることをご存じだろうか。

プロ選手も指摘する「ボールが試合に与える影響」

「ボールが違うだけでこんだけ波乱起こるんだもん
ニッタクや新ボールだったら全選手にチャンスあるよ」

こうtwitterに投稿したのは、世界ランク14位(2018年3月時点)の水谷隼選手。2017年4月に中国・無錫で行われたアジア卓球選手権大会で、中国の有力選手・馬龍が負けるなど番狂わせとも言える結果が相次いだのを受け、ボールが試合に与える影響の大きさを語っている。同大会では日本メーカー・ニッタク製のボールが採用され、日本勢の躍進が目立ったのだ。

この連載の一覧はこちら

国際大会で使用される公式球を製造しているのは、現在は世界で3カ国のみ。日本に1社(ニッタク)、中国に2社、ドイツに1社ある。

大会によって、この3カ国のボールのうち複数が公式球となる場合もあれば、1社のボールのみ採用されるケースもあるため、慣れ親しんだ自国製のボールが公式球だと練習通りの実力を発揮できるようだ。

次ページ日本製が公式球となった昨年の世界選手権は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?