「AI同士の会話が大暴走した」ニュースの真実

「終わりの始まり」って本当ですか

「AI暴走ニュース」に盛り上がったが…(写真:nadla / iStock)
多種多様なフェイクニュース、誤訳した海外ニュースをSNSを通してネット上にばらまいているロシア政府系の通信社「SPUTNIK(スプートニク)」。日々生み出されるフェイクには枚挙にいとまがない。
ところで、そもそも私がスプートニクに行き着くきっかけとなった「フェイスブック社が研究中のAI同士を会話させたら、人間には理解できない言語を開発して暴走しはじめたので、あわててシャットダウンし、処分した」というニュース。
ついにディストピアな未来に追いついてしまったというSFっぷりが怖すぎて盛り上がったが、果たして真偽は!?
「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

このニュースは、「スプートニク」のほかにも、「GIZMODO」「Gigazine」「J-CASTニュース」「カラパイア」など多くのネットメディア、テクノロジー系のまとめサイトなどで紹介されていた。普通にSNSや検索サイトなどを利用していれば、無意識ながらも一度は記事にふれたことのありそうなサイトだ。

どの記事も、「終わりの始まり…?」「人類を危機にさらすものなのか?」など、大いに人工知能の脅威を煽る見出しがつけられていたが――。

実際に、フェイスブック社がどんな研究発表を行ったのかを調べてみた。

はい。フェイクでした。

調べてみると、どうやら「AI暴走ニュース」の発生源は、2017年6月15日、フェイスブック人工知能研究所のブログに、研究チームが投稿した記事のようだった。

次ページ研究チームが投稿した記事
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。