「AI同士の会話が大暴走した」ニュースの真実

「終わりの始まり」って本当ですか

「AI暴走ニュース」に盛り上がったが…(写真:nadla / iStock)
多種多様なフェイクニュース、誤訳した海外ニュースをSNSを通してネット上にばらまいているロシア政府系の通信社「SPUTNIK(スプートニク)」。日々生み出されるフェイクには枚挙にいとまがない。
ところで、そもそも私がスプートニクに行き着くきっかけとなった「フェイスブック社が研究中のAI同士を会話させたら、人間には理解できない言語を開発して暴走しはじめたので、あわててシャットダウンし、処分した」というニュース。
ついにディストピアな未来に追いついてしまったというSFっぷりが怖すぎて盛り上がったが、果たして真偽は!?
「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

このニュースは、「スプートニク」のほかにも、「GIZMODO」「Gigazine」「J-CASTニュース」「カラパイア」など多くのネットメディア、テクノロジー系のまとめサイトなどで紹介されていた。普通にSNSや検索サイトなどを利用していれば、無意識ながらも一度は記事にふれたことのありそうなサイトだ。

どの記事も、「終わりの始まり…?」「人類を危機にさらすものなのか?」など、大いに人工知能の脅威を煽る見出しがつけられていたが――。

実際に、フェイスブック社がどんな研究発表を行ったのかを調べてみた。

はい。フェイクでした。

調べてみると、どうやら「AI暴走ニュース」の発生源は、2017年6月15日、フェイスブック人工知能研究所のブログに、研究チームが投稿した記事のようだった。

次ページ研究チームが投稿した記事
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT