日本で税金を払うなら特典はちゃんと知ろう

NYなら救急車の利用にもおカネがかかる

どんな制度があるのか知ることが大切だ(写真:TommL / iStock)

昨年より、ほぼ毎月1回、ニューヨークに行くという生活をしています。
仕事ではなくプライベートな事情ですが、ニューヨークと東京を頻繁に行き来しているのですが、航空券代や現地での生活費などお金はいろいろかかるものの、これが一生続くわけではないので、一世一代の贅沢だと思って楽しんでいます。

不明瞭なコスト

お金に関して不安を感じるとすれば、それは不明瞭なコストの存在です。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

例えば、レストランなどで支払う「チップ」。現在のニューヨークでは、食事代金の20%が相場だと言われていますが、どれくらいのパーセントにすればいいのか、毎回悩みます。その上、消費税(sales tax)抜きの代金に対して20%なのか、込みに対する20%なのかも、質問した相手によって答えはバラバラ。

結局、メニューが税抜価格で示されていた場合、消費税8.875%と合わせて、ざっと3割増になるわけで、まだその感覚に慣れず、毎回のように

「思ったよりも高かった」

という事態に陥っています。

余談ですが、110ドル未満の洋服と靴には消費税がかかりません。アイテムごとに判定されますので、トータルで110ドル以上になっても大丈夫。消費者にとってはありがたいですね。会計処理が面倒くさくなりそう、と公認会計士としては心配になりますが(笑)

次ページ医療費も不明瞭なコスト
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT