日本で税金を払うなら特典はちゃんと知ろう

NYなら救急車の利用にもおカネがかかる

どんな制度があるのか知ることが大切だ(写真:TommL / iStock)

昨年より、ほぼ毎月1回、ニューヨークに行くという生活をしています。
仕事ではなくプライベートな事情ですが、ニューヨークと東京を頻繁に行き来しているのですが、航空券代や現地での生活費などお金はいろいろかかるものの、これが一生続くわけではないので、一世一代の贅沢だと思って楽しんでいます。

不明瞭なコスト

お金に関して不安を感じるとすれば、それは不明瞭なコストの存在です。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

例えば、レストランなどで支払う「チップ」。現在のニューヨークでは、食事代金の20%が相場だと言われていますが、どれくらいのパーセントにすればいいのか、毎回悩みます。その上、消費税(sales tax)抜きの代金に対して20%なのか、込みに対する20%なのかも、質問した相手によって答えはバラバラ。

結局、メニューが税抜価格で示されていた場合、消費税8.875%と合わせて、ざっと3割増になるわけで、まだその感覚に慣れず、毎回のように

「思ったよりも高かった」

という事態に陥っています。

余談ですが、110ドル未満の洋服と靴には消費税がかかりません。アイテムごとに判定されますので、トータルで110ドル以上になっても大丈夫。消費者にとってはありがたいですね。会計処理が面倒くさくなりそう、と公認会計士としては心配になりますが(笑)

次ページ医療費も不明瞭なコスト
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。