エーザイ、抗がん剤で「6100億円提携」の勝算

"難題"アルツハイマー薬開発も加速できるか

製薬大手のエーザイは米メルクと抗がん剤「レンビマ」の開発・販売で提携する(写真:エーザイ)

最大で6100億円!――3月8日、製薬大手のエーザイがビッグサプライズを発表した。米製薬大手メルクと戦略提携し、自社創製の抗がん剤「レンビマ」を共同で開発・販売促進を行う。エーザイは、開発や販売で両社が決めた条件(マイルストン)が満たされれば、最大で合計約6100億円を得られる。兆円単位の買収が日常茶飯事の製薬業界でも、日本の製薬メーカーがメガファーマと提携し、巨額のカネを手にするのは珍しい。

提携一時金320億円の計上で、当初横ばいを見込んでいた2017年度の純利益予想は前期比40%増の550億円と、152億円引き上げた。発表当日のエーザイの株価は一気に10%もハネ上がり、翌日以降も株価の上昇が続く。株式市場はひとまず提携をポジティブに評価したといえる。

メルクの開発・販売力に期待

提携の第1の柱は、レンビマの共同開発だ。メルクの主力抗がん剤「キイトルーダ」を併用投与した臨床試験(治験)を両社で進める。現在は腎細胞がんのほかに6種類のがん・11の適応で併用治験が進んでいるが、まだ手掛けていない複数のがん種に対しても早期に治験を開始する。適応症の種類を広げ、薬としての競争力を高める。

第2の柱は、レンビマの共同販促だ。メルクは、医師に対し薬の効能や安全性など専門的な情報の提供に当たるMR(医薬情報担当者)を多数抱え、世界中に強力な営業基盤を持つ。そのメルクが、エーザイの手薄な地域・分野でも医師や患者などへの情報提供に走り回る。メルクの営業力を味方につけ、エーザイはレンビマの市場アクセス拡大を狙う。

全世界でのレンビマの売り上げは製造元のエーザイが計上し、単剤療法も含めてレンビマの研究開発費や共同販促にかかる販管費などの費用や利益は両社折半となる。

次ページメルクとの提携で得られる利益とは?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?