月給21万円「裁量労働制」の彼が味わった地獄

賞与が出るという求人票も実質はウソだった

求人票に書かれていたことと、書かれていなかったこと(今井康一)
いま(2018年)注目されている「裁量労働制」は、「求人詐欺」が起こりやすい典型的なケースの1つ。個人の裁量に任されるんだからいいんじゃないか……そう思った新卒Cさん(ゲーム業界)も悲惨なことに。「固定残業制」にだまされてしまったAさんの話も一緒にどうぞ。

店長候補で入ったら「固定残業制」でブラックまっしぐら

求人では「月額20万円」、しかしその内訳は…

4年制大学を卒業し、大手コンビニとフランチャイズ契約をして15店舗ほど運営している会社に正社員として就職したAさん。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

求人は中小企業専門の求人サイトで、「スカウトサービス」というものを利用して見つけた。「スカウトサービス」とは自分の職務経歴や、希望条件、語学力などを匿名で登録し、企業がその内容をみて求人条件にあった人に直接メールを送るというサービスだ。サイトから紹介されたその会社の求人票では、

「月額20万円、1日8時間のシフト制で年間休日は100日」

となっていた。基本給に残業代も上乗せされれば二十数万円稼ぐことができ、新卒の相場と比べても条件は悪くない、こうしてAさんはこの会社に入ることを決めた。

採用が決まり契約書を交わしたのだが、そこには賃金に関して求人の

「月額20万円」から大きく変わって、
「基本給15万円、営業手当2万円、業務手当3万円、手取り17万8000円」

となっていた。後で分かることだが、この会社の言い分では賃金体系は典型的な「固定残業代」制をとっており、いくら残業をしても、この税金等を差し引かれた手取り17万8000円以上は一切会社から払われることはなかった。しかも契約書には「残業手当」について明確に書かれておらず、「営業手当」や「業務手当」が何に相当するかもはっきりしていない。

次ページ過酷な長時間労働だけじゃなく、自腹購入までついてきた
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
迷走する技術者王国<br>ホンダが消える日

「ホンダにしかできないエッジの立たせ方をしないと、ホンダはいなくなる」。八郷隆弘社長が断言。独創性を取り戻そうと、提携や研究開発組織の再編を加速。生き残れるのか。