ビジネスホテル、満室御礼でも伸び悩むワケ

競争激化と人件費高騰で業績はすでに踊り場

業界大手アパグループの業績にもブレーキがかかってきた(記者撮影)

わが世の春を謳歌してきたビジネスホテルが曲がり角を迎えている。

2月23日、ビジネスホテル大手アパグループが公表した2017年11月期決算は、経常利益が350億円(前期比3.5%増)と微増にとどまった。営業利益段階では減益だ。

同業の東横インも2018年3月期決算は経常利益188億円(前期比7%増)の見通し。アパ、東横インともに業界屈指の収益水準を維持しているものの、伸び悩み感は否めない。

都内の稼動率は約85%に達するが…

「ワシントンホテル」「ホテルグレイスリー」を展開する藤田観光は新宿の大型ホテルが通年で寄与したが、「ドーミーイン」を手掛ける共立メンテナンスは、2ケタ増収なのに対し利益が伸び悩む見通しだ。

事業環境は悪くない。訪日客の増加のほか、ビジネス利用も堅調で、2017年の東京都内の宿泊施設の稼働率は80.1%、ビジネスホテルは84.8%に達した(観光庁)。全国を見ても、ビジネスホテルの稼働率は75.4%。80%を超えればほぼ満室とされる業界にあって、これ以上望めない水準だ。

次ページ関西では民泊に客が流れた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。