少ない服をヘビロテ!旅先での簡単お洗濯術

その日に着た服をその日のうちに洗うには?

旅先での洗濯のコツとは?(写真:SilviaJansen / iStock)
ボディソープなど、ホテルにあるものを使ってさっと手洗い。タオルを使ってしっかり脱水すれば、部屋干しでも乾かせます。

「旅行には最小限の洋服しか持っていきたくない!」という人におすすめなのが、「洗濯」です。その日着た服は、その日のうちに洗ってしまえば荷物も少なくて済みます。

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

今回は、講演などの仕事で長期宿泊が多いパーソナルスタイリストの久野梨沙さんに、旅先での洗濯のコツについて聞きました。

ホテルではサッと洗ってきちんとした洗濯は帰宅後に

ご自身も宿泊先のホテルの部屋でよく洗濯をする、という久野さん。ホテルで洗濯、と聞くとなんだか大変そうですが、久野さんいわく「慣れてしまえば意外と簡単。汗をかいた程度なら、入浴時にお湯で流すだけでもさっぱりします」とのこと。本格的な洗濯は帰ってから自宅でと割り切り、旅行の間、快適に過ごせるように手軽なお洗濯をするのだそう。

皮脂汚れが気になるときや、シミがついてしまったときは、ボディソープを活用するのが久野さん流。これならわざわざ洗剤を持っていったり、旅先で探す手間もかかりません。

次ページ小物類はどう洗えばいいのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT