「確定申告」節税のための支出の大いなる誤解

単なる無駄遣いに終わったら本末転倒だ

余談ですが、実はこれ、中小企業でもよく見られる症状。節税の名の下に、お金をたくさん使ってみたものの、結局は節税額以上の無駄遣いに終わってしまうことが実際にあるのです。

「節税」という言葉にはそれだけの魔力があるということかもしれません。

日常に溢れている「お得」以上の無駄遣い

ところで、これに似た現象は「節税」以外の場面でも生じるものです。

「3000円以上購入したら駐車料金(500円)が無料!」

「年間100万円以上の買い物で、ポイント還元率1%アップ!」

など、もっと使うともっとお得、といった誘い文句は、日常のそこここに溢れているような気がします。

もちろん、それを楽しむのもよし。

ただ、冷静に計算してみなければ「お得」以上の無駄遣いになってしまう可能性を忘れないようにしてください。

まずは、税金を納めるのは嫌などと感情的になる前に、自分の税率を知り、自分がどれだけの税金を納めているのか把握してみてはいかがでしょうか。所得税だけなら源泉徴収票ですぐにわかります。

その上で、特定支出があれば控除したり、iDeCoやふるさと納税などの制度を利用したり、税金の使い道をチェックしたりすることで、結果的に節税につながっていく、というのが健全な道筋ではないかと思います。

幻冬舎plusの関連記事
通信簿はほとんど2か3。世間のイメージとまったく違う三木谷浩史
民栄誉賞受賞記念! 囲碁人生を決めた師匠との出会い
『神様が教えてくれた金運のはなし』その1 金運を上げて人生のピンチを切り抜ける
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT