韓国「BTS」が米国ファンを熱狂させる秘密 今までのK-POPグループと何が違うのか

印刷
A
A
アメリカでは、複数の人気トーク番組に出演し、パフォーマンスを見せた(写真:RB/Bauergriffin/MEGA)

韓国の男性ヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」旋風が、アメリカで吹き荒れている。20代の男性7人から成るBTSの勢いは増すばかりで、2017年9月にアルバム『Love Yourself: Her』がビルボード200で7位にランクインすると、12月にはシングル「MIC Drop」のリミックス版がBillboard Hot 100で28位に入り、K-POPグループとしては最高位を獲得した。

昨年11月には、韓国人アーティストとして初めて「アメリカン・ミュージック・アワード」でパフォーマンスを披露。「ARMY」と呼ばれる熱狂的なファンを持つ彼らは、昨年最もツイートされた有名人の1人となり、昨年5月21日に開催された「ビルボード・ミュージック・アワード」では、ジャスティン・ビーバーやセレーナ・ゴメスを抑えて「トップ・ソーシャル・アーティスト賞」を受賞するなど、破竹の勢いだ。

初期のビートルズと類似点が多い

K-POPの波自体は、数年前から押し寄せていたが、アメリカでK-POPが転機を迎えたのは、BTSが昨年11月末に、人気トーク番組「エレンの部屋(Ellen Degeneres Show)」に登場したときに違いない。

このとき、司会者のエレン・デジェネレスは、観客の反応を「ビートルマニア」と比べた。海外音楽として初めてアメリカ人の心をつかみ、米国、いや世界中に大旋風を起こしたあのビートルズのファンを引き合いに出したのである。実際、BTSと初期のビートルズには類似点が少なくない。BTSのメンバーは、みなオシャレで賢く、外見的にも格好いい。そして、時代を読むのが抜群にうまく、ファンの心をどうつかむべきか心得ている。

音楽制作の面でいえば、現在の韓国音楽業界は、1950年代の米国の音楽業界を彷彿とさせるところがある。レコード会社は、ヒットしたシングルの楽曲やアレンジに従って大量生産する方法にのっとって音楽を制作している(そのぶん、シングルが売れないアーティストは後回しにされているが)。

加えて、BTSのようなグループは一糸乱れぬダンスパフォーマンスを披露し、ファッショナブルな衣装をまとい、メディアやファンに友好的に接する。米国にあふれるギターバンドと比べた場合、K-POPグループが多くのファンを魅了する理由も明らかだろう。

とりわけ、BTSのダンスに対する評価は高く、ある文化評論家は芸能ニュースサイトStar2.comに対して、「ダンスのクオリティが高いグループは多くいるが、BTSの動きは本当にパワフルだ。ライブを見ていると、才能に恵まれているだけではなく、パフォーマンスに情熱がこもっていることを肌で感じる」とコメントしている。

次ページアメリカ人をも魅了するaegyoとは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT