「エモい」女の子がフィルム写真に萌えるワケ

複雑で揺らぎや粗があるからこそ求められる

アパレルブランドなどにとっては、ブランドオリジナルの世界観を表現することはとても大切。そうした重要なファクターにムラやブレを許容することで、均一的な既視感のない唯一無二のものを表現できるのかもしれません。

実は、今年のNHK紅白歌合戦も、製作陣が現場で掲げていたテーマは「エモい紅白」だったようです。番組の制作統括を務めるチーフプロデューサーのインタビューで、「視聴者の感情に訴えかけるコンテンツを作り、エモい紅白を作る」と語られています。

トレンドニュース 制作統括が語る「第68回NHK紅白歌合戦」のポイントその2 「紅白の進化/深化と、不変のテーマ」

徐々に「エモいか否か」は、サービスやコンテンツを語る要素の一つとして定着しはじめているのではないでしょうか? この理由は、世の中に情報が溢れ、インターネットやスマートフォンが誕生したような大きなインパクトを与える新しい革新がない時代だからだと考えています。

機能面での利便性が満たされてしまった時代だからこそ、感情を揺り動かすものに魅力を感じるのだと思います。

そしてそれが若者の中で顕著に現れているのが「画像加工」です。

「盛れる」より「エモい」を求める画像加工

今の20代後半以降には懐かしいアイテムであるインスタントカメラ「写ルンです」。「写ルンです」が現在若者の中で「エモい」写真が取れると流行しています。アプリでも「写ルンです」風に取れる写真が人気を集めています。

少し前であれば「Beauty Plus」や「SNOW」、カワイく盛れるカメラアプリが多くの若者、特に女子の必需品でした。これらで撮った写真は、いつもよりも肌を美しく、瞳を大きく、唇を鮮やかに写してくれます。

次ページ「エモい」の魅力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT