「時短掃除」を実現する環境づくり2つのワザ

床にモノをおかない状態に近づくテクニック

吊るしておけば、掃除の際にいちいち物をどかす必要がなくなる上、台に置いたときと比べて、カビ防止にもなります。

床に置く重いものはキャスターに乗せて「可動式」に

大きな観葉植物は、床に置くしかないですが、掃除のたびに「よいしょ」と持ち上げるのも大変。私の家では、キャスターの付いた台に乗せて簡単に動かせるようにしています。

同じように、床に置いているゴミ箱もキャスター付きのものに変えるのがオススメです。片手で移動させながら掃除できれば、かかる時間も労力も大きく削減できます。

(文・記事中写真:本間 朝子)

マイカジスタイルの関連記事
【おそうじペコさん】使い捨てグッズで、掃除の後片付けを時短しよう
【おそうじペコさん】家事の「時間貯金」で、自分自身を気遣おう
水垢・ニオイの原因は?加湿器の掃除方法

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT