「時短掃除」を実現する環境づくり2つのワザ

床にモノをおかない状態に近づくテクニック

掃除をしやすくするために(写真:iammotos/iStock)
なるべく「吊るす」、重いものはキャスターに載せて「可動式にする」の2つのルールで、掃除の際、物をどかす時間を短縮!

掃除をするとき、床や棚にたくさんモノが置かれていると、それをどかすのに時間がかかってしまいますよね。そこで提案! 家中を掃除がしやすい環境にしてしまいましょう。

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

理想は、床や棚に何も置かれていないこと。でも、さすがにそれは難しいので、私が家でやっている“掃除をしやすくするため”の「吊るす」「可動式にする」テクニックをご紹介します。

ハンガーやフックで吊るしてみる

掃除機をかけるときに邪魔になる、床に散らばったスリッパは、壁にタオル掛けハンガーを取りつけて引っ掛ければ、掃除がスムースになります。

テレビの後ろのケーブル類も、床に広がっていると掃除がしにくいので、結束バンドやスパイラルチューブなどを使ってまとめ、フックでTV台の裏に吊るしています。

同じように、浴室の洗剤やスポンジもフックにかけておきましょう。フックは扉の裏にかけてもよいですし、ステンレスパイプにS字フックをかけるのもオススメです。

次ページいちいち物をどかす必要がなくなる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT