「時短掃除」を実現する環境づくり2つのワザ

床にモノをおかない状態に近づくテクニック

掃除をしやすくするために(写真:iammotos/iStock)
なるべく「吊るす」、重いものはキャスターに載せて「可動式にする」の2つのルールで、掃除の際、物をどかす時間を短縮!

掃除をするとき、床や棚にたくさんモノが置かれていると、それをどかすのに時間がかかってしまいますよね。そこで提案! 家中を掃除がしやすい環境にしてしまいましょう。

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

理想は、床や棚に何も置かれていないこと。でも、さすがにそれは難しいので、私が家でやっている“掃除をしやすくするため”の「吊るす」「可動式にする」テクニックをご紹介します。

ハンガーやフックで吊るしてみる

掃除機をかけるときに邪魔になる、床に散らばったスリッパは、壁にタオル掛けハンガーを取りつけて引っ掛ければ、掃除がスムースになります。

テレビの後ろのケーブル類も、床に広がっていると掃除がしにくいので、結束バンドやスパイラルチューブなどを使ってまとめ、フックでTV台の裏に吊るしています。

同じように、浴室の洗剤やスポンジもフックにかけておきましょう。フックは扉の裏にかけてもよいですし、ステンレスパイプにS字フックをかけるのもオススメです。

次ページいちいち物をどかす必要がなくなる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。