プロ直伝「衣装ケースの収納4割増」のスゴ技

整理整頓が苦手でもきっちり収納できる

少しでも衣装ケースを減らしたい…! そんな切実な悩みをかなえるプロ技とは?

全ての衣類を衣装ケースのサイズに合わせて三つ折りにたたみ直し、ケースを縦に置いて、下から積み上げていきましょう。

着道楽な夫と整理整頓が苦手な私。わが家には、クローゼットに入りきらない衣類を入れた衣装ケースが18個も床に積みあがっています。衣替えを機に少しでも衣装ケースを減らしたい……。という切実な思いから、整理収納アドバイザーのすはらひろこさん直伝の「長方形→三つ折りにたたむ」と「積み上げきっちり収納」を実践してみました。

衣装ケースのサイズに合わせて衣類をたたみ直す

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

私のTシャツやカットソー類をぐしゃぐしゃに詰め込んだ衣装ケース(サイズは幅35×奥行き63×深さ25cm)。申し訳程度に表面を整えてあるものの、横から見るとけっこうな詰め込み具合です。

ケースの中身をすべて出してみたところ、Tシャツとカットソーが計42枚も! こんなに持っていたのかと、われながら驚愕です。なかには、すっかり存在を忘れていたもの、寿命を感じるものも多かったです(汗)。

紛れ込んでいた靴下などを元のケースに戻して、Tシャツ類をたたみ直していきます。

次ページ何気なくたたんでいませんか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。