母の殺人と父の自殺幇助に問われた女の述懐

「一緒に死のう」親子3人が入水した絶望の川

心中を持ちかけた際に迷わず同意したのはなぜなのか(写真 : 天空のジュピター / PIXTA)
自分なら一線を越えずにいられたか? 何が善で何が悪なのか? 記者が紙面の短い記事では伝えきれない思いを託して綴る、朝日新聞デジタル版連載「きょうも傍聴席にいます。」。毎回大きな反響を呼ぶ人気連載が新書『きょうも傍聴席にいます』としてまとまりました。記者が見つめた法廷の人間ドラマをお届けします。

「一緒に死のう」

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

認知症の母を長い間二人で介護していた父と娘。病気で自分も体が不自由になった父は、娘に言った。「一緒に死のう」。娘は両親を車に乗せ、川へと向かった――。

2016年6月20日、さいたま地裁の201号法廷。母に対する殺人罪と父の自殺を幇助(ほうじょ)した罪に問われた女(47)が被告として証言台に立った。髪を後ろで一つに束ね、白いシャツに黒のズボン姿。

裁判長:「起訴状の内容に間違いはありますか」

被告:「ないです」

起訴状などによると、被告は2015年11月21日午後6時ごろ、埼玉県深谷市の利根川に親子3人で軽乗用車ごと入水。母(当時81)を溺れさせて殺害し、父(当時74)の自殺を手助けしたとされる。

冒頭陳述や被告人質問から事件をたどる。

被告は三姉妹の末娘として生まれた。父は被告が幼いころに家出。母が身一つで3人を育てるのは厳しく、次女は養子に出された。被告は高校を中退した後、すしチェーン店などいくつかの職を転々とした。20年ほど前、父が家に戻り、被告と両親の3人で暮らすようになった。

2003年ごろ、60代後半になっていた母は認知症とパーキンソン病だと診断される。父と被告による介護生活が始まった。当時被告は菓子製造会社で働いていたが、仕事と介護の両立は厳しく、精神的に不安定になって無断欠勤をし、事件の約3年前には退職。以後、一家は月給18万円ほどで新聞配達をしていた父の収入に頼るようになった。

被告人質問で弁護人は当時の母の様子を尋ねた。

次ページ当時の母の様子は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。