年末の大掃除は手作りアイデアグッズが活躍

家事研究家に聞く、簡単に作れる掃除道具は

面倒な掃除が楽しくなるかもしれません(写真 : kaka / PIXTA)
当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

掃除が苦手、そんな人でも便利な掃除道具があれば、掃除が楽しくなるはず。家事研究家おすすめの自分で作れる大掃除アイデアグッズを紹介します。

なかなか気が乗らない掃除も、便利なグッズがあれば、楽しく掃除ができそう。そこで、家事研究家の髙橋ゆきさんに、簡単に作れて機能的なアイデアグッズを教えてもらいました。

目に見えないホコリと汚れをサクッと落せる

「ホコリ汚れを乾拭きで落とすときにおすすめなのが『ストッキングだんご』です」。

ストッキングの静電気効果で、目に見えないホコリまでもしっかりキャッチしてくれるんだそう。

作り方は簡単。靴下を筒状に丸め、靴下状のストッキングのつま先に入れます。靴下を芯にして、くるくるとだんご状に丸めたら完成!

穴が空いた靴下や、伝線したストッキングなどで作れるので、とってもエコ!

<ポイント>
ぬれたまま放置すると雑菌やカビが繁殖して悪臭の原因に。ぬれたときは解体して干し、乾いてから作り直すこと。
次ページピカピカに磨き上げる「みつあみストッキング」
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。