お手伝いが続かない子を劇的に変えるコツ

最初はゲーム感覚で、ルールも決めよう

なぜお手伝いをしなければいけないのか、子どもにはなかなか理解しにくいかと思いますが、shin5さんはどのように子どもたちに教えているのでしょうか?

「家事は生活していくうえでやらなくてはいけないことなので、『まずは身のまわりのことから自分でできるようになろうね』と伝えています。例えば僕が洗濯物を干すときにハンガーを渡す役をやってもらうなど、簡単なことからお願いしています。その甲斐あって、小学生になった今は汚れている場所はサッと拭くなど自然と家事が身についてきています」(shin5さん)

shin5さんの担当はお風呂やトイレ掃除なのだそうですが、最近はshin5さんが掃除を始めると息子さんも自然と一緒に掃除をし始めるようになったのだとか。男の子はトイレを汚しやすいことを教えて、パパであるshin5さんが率先してトイレ掃除を行う。そんな姿を見て、お子さんも自然と掃除に対する意識が芽生えたようです。

子どもにお手伝いをさせると、積極性が身につく

お手伝いで子どもの成長を感じたことはありますか?

「お手伝いができるようになってから、人に頼まれることがうれしいみたいです。それは家庭の中だけはなく学校でも、先生に『○○を手伝ってくれる人~?』などと声をかけられると、うちの子どもたちは率先して手をあげているようです。普段からお手伝いしていることや、私たち夫婦が助け合い協力しながら家事を行っている様子を見てそうなったのなら、それはとても嬉しいですね」(shin5さん)

「うちの子はぜんぜんお手伝いしないなあ」と困っている人は、きちんと子どもと話し合ってルールを決め、小さなことから家事に参加させてみてはいかがでしょうか?

(文:アキモト カオル)

マイカジスタイルの関連記事
子どもの積極性につながる“お手伝いが好きな子”に育てるコツ
ゆずぽんさんに聞く!子どものお手伝いのモチベーションをアップする方法
子どもに人の役に立つ喜びや自信を与え、楽しくお手伝いしてもらうコツ

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、花王株式会社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT