お手伝いが続かない子を劇的に変えるコツ

最初はゲーム感覚で、ルールも決めよう

子どもに積極的にお手伝いをしてもらう方法とは?(イラスト:はこちよ)

最初のお手伝い体験はゲーム感覚で楽しく。子どもたちと一緒にルールを決めて家事を手伝う習慣をつけています。

4人のお子さんを持つ愛妻家ツイッタラー・shin5さんのお家では、子どもたちも積極的に家事に参加してくれるそうです。どのように子どもたちのやる気を引き出しているのでしょうか?

ゲーム感覚でお手伝いを楽しく

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

子どもは遊ぶことで頭がいっぱいで、家事なんてなかなかしてくれないと思います。子どもに「ヤダ!」と言われずに、お手伝いをしてもらう方法はあるのでしょうか?

「子どもに片づけや掃除をお願いするときは、ゲーム感覚で楽しくできるようにしています。片付けだったら、『10個拾って片付けよう!誰が早くできるかな?よーいどん!』といった感じで始まります。お風呂掃除を遊び感覚で泡だらけになりながらやったこともあります」(shin5さん)

でも、子どもって飽きっぽいですよね。お手伝いを習慣化させるにはどうしたらよいのでしょうか?

「手作りのお手伝い表にシールを貼って可視化すると『頑張ってもっとシールを貼ろう』と思えるみたいです。また、お手伝いが終わった後は必ずほめて子どもたちのやる気をアップさせています。ちょっとだけ豪華なおやつをあげることもありますが、あまりごほうびを与えすぎて『おやつがないならヤダ』と言われてしまうと困りますよね。なので、子どもたちと話し合ってお手伝いのルールを作って、自ら約束事を守ってもらうようにしています」(shin5さん)

shin5家のお手伝いのルールとはどんなことでしょうか?

「例えば、”お片付けを済ませないとテレビを観てはいけない”というルールがあります。テレビを観る前にこのルールが守られているかチェックするので、自分でお片付けすることは習慣になってきていますね」(shin5さん)

次ページまずは、身のまわりのことを自分でできるように
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
金正恩 経済再建の野望

米朝首脳会談を実現した北朝鮮。経済再建にも取り組み、中国、韓国との関係改善を進めるが、前途多難。非核化が進まないかぎり、経済制裁は解除されない。非核化の本気度は?