お手伝いが続かない子を劇的に変えるコツ

最初はゲーム感覚で、ルールも決めよう

子どもに積極的にお手伝いをしてもらう方法とは?(イラスト:はこちよ)

最初のお手伝い体験はゲーム感覚で楽しく。子どもたちと一緒にルールを決めて家事を手伝う習慣をつけています。

4人のお子さんを持つ愛妻家ツイッタラー・shin5さんのお家では、子どもたちも積極的に家事に参加してくれるそうです。どのように子どもたちのやる気を引き出しているのでしょうか?

ゲーム感覚でお手伝いを楽しく

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

子どもは遊ぶことで頭がいっぱいで、家事なんてなかなかしてくれないと思います。子どもに「ヤダ!」と言われずに、お手伝いをしてもらう方法はあるのでしょうか?

「子どもに片づけや掃除をお願いするときは、ゲーム感覚で楽しくできるようにしています。片付けだったら、『10個拾って片付けよう!誰が早くできるかな?よーいどん!』といった感じで始まります。お風呂掃除を遊び感覚で泡だらけになりながらやったこともあります」(shin5さん)

でも、子どもって飽きっぽいですよね。お手伝いを習慣化させるにはどうしたらよいのでしょうか?

「手作りのお手伝い表にシールを貼って可視化すると『頑張ってもっとシールを貼ろう』と思えるみたいです。また、お手伝いが終わった後は必ずほめて子どもたちのやる気をアップさせています。ちょっとだけ豪華なおやつをあげることもありますが、あまりごほうびを与えすぎて『おやつがないならヤダ』と言われてしまうと困りますよね。なので、子どもたちと話し合ってお手伝いのルールを作って、自ら約束事を守ってもらうようにしています」(shin5さん)

shin5家のお手伝いのルールとはどんなことでしょうか?

「例えば、”お片付けを済ませないとテレビを観てはいけない”というルールがあります。テレビを観る前にこのルールが守られているかチェックするので、自分でお片付けすることは習慣になってきていますね」(shin5さん)

次ページまずは、身のまわりのことを自分でできるように
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。