カラオケボックスで進む「意外な使われ方」

平日昼間のビジネスユースにも耐えうる

平日昼間のカラオケボックスは、とても安くて快適です(写真 : プラナ / PIXTA)

平日昼間にカラオケボックスに向かう理由

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

オフィスはあれど、ほとんどそこにはいないノマド生活を続けて17年。

カフェやホテルのロビーなど、その時々、好きな場所で仕事をしていることの多い私ですが、カフェで仕事をするのが難しい時もあります。

たとえば、パソコンのキーボードを叩く音や電話が鳴って周囲に迷惑をかけてしまうとき。それから、カフェの混雑時に長居するわけにもいきません。

そんなこともあって、最近、カフェの代わりによく利用するのは「カラオケボックス」です。

……オフィスに行けばいいのでは、というツッコミはごもっともですが(笑)

さて、平日昼間のカラオケボックスは、とても安くて快適です!

都内で私がよく利用するカラオケボックスは、12時から14時くらいに開店し、18時までのフリータイム制を設けているところばかり。

JOY SOUND(ジョイサウンド)のとある店舗では、13時から18時まで、会員(会費ナシ)であれば、室料1人税抜500円です。この室料に加えて、ドリンクを1つオーダーしなくてはなりません

が、400円前後ですから、総額で1000円以内にすることも可能です。

ちなみに、当社は法人会員になっているので、上記に加えてさらなる割引があります。

カラオケボックスですから、個室であることはもちろん、音を出しても問題ありません。コンセントやワイファイを利用できることも多いです。ワイファイはセキュリティ面を考慮して基本的には利用しませんが、部屋のタッチパネルやインターホンでドリンクを注文すれば部屋まで持ってきてもらえますし本当に快適です。

都心の繁華街の中心にあるようなカラオケボックスになると、もう少し高くなりますが、それでも、個室で音や混雑を気にすることなく利用できることを考えると、周囲のカフェよりも割安だと思います。

次ページ「ビジネスプラン」も登場している
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT