実例で見る「テレビ依存」を克服した人たち

「受け身」の生活が変わる

リビングにテレビを置かない家庭も増えてきているようです。不便なことはないのでしょうか?(写真提供:香村薫)

一昔前は家電における『三種の神器』として欠かせなかったテレビ。しかし、今ではテレビ離れが叫ばれ、リビングにテレビを置かない家庭も増えてきているという。家族が長い時間を過ごす生活空間からテレビを取り除くことで、どんなメリットが生まれるのだろうか。そこには、家族が充実した暮らしを営むためのヒントが隠されているのかもしれない。今回は実際にテレビから距離を置く家庭を訪れ、その生活について語ってもらった。

3つのステップでテレビ依存を解消

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

最初にお話を伺ったのは、ライフオーガナイザーの香村薫さん。著書『トヨタ式おうち片づけ』で知られるミニマリストの香村さんは、子どもが生まれたのをきっかけにテレビを購入したものの、家族がテレビに依存し、会話やコミュニケーションが減ってしまうのを危惧していたという。

「私は家族のテレビ依存を解消するために3ステップでリビングからテレビをなくしていきました。最初のステップでは『テレビの見にくい環境づくり』です。リビングとつながっている隣の和室にテレビを配置することで、物理的な距離をとりました」

【画像1】まずはリビングから見るには距離がある位置にテレビを置いた(写真提供:香村薫)

距離をとることでテレビへの執着が軽減され、自然とテレビをつける頻度が減ったとのこと。また他の方法として、画面に対し普段座るイスの角度が90度に配置することで首に負担がかかり、長時間テレビを見ることを防止できるそうだ。

次ページ最終的には…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。