おしゃれが面倒なアラフォー必読のコーデ術

引き算と「見え小物」できちんと見せる

大人になるとトレンドを追っかけるのも疲れるものです(写真:Ushico / PIXTA)
「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

14.2万人のフォロワーを誇るファッション・インスタグラマーであり、ファッションアドバイザーであるakko3839さんが、大人の女性のおしゃれ悩みにお答えします。好評発売中のファッションブック『基本の8着で人生が変わる大人着回し術』にも真似したくなる大人コーデが200以上掲載されています!

今回のお悩み:着ていて疲れる服は嫌! でも、社会の中で大人のきちんと感は必要! おしゃれが面倒臭くなってきた私は、何着ればいい?(東京都・章子さん40歳)

 

akko3839のお答え:“顔まわり小物”と“とんがりパンプス”を使えば、安いニットでもきちんと見えます!

“おしゃれ=面倒臭い”はアラフォーの本音

このかたの質問、お悩みを詳しく書いてくださっているんですが、私も共感するところがたくさんあります。「若い頃は、きれいに見せたい一心で、どんなときも高いヒール靴をはいてました。そういう体力があったんですね」とか「ブランドものを買うにも、もう何を買ってよいやら。トレンドを追いかけるのも面倒臭い」…などなど。アラフォーっておしゃれ転換期なのかもしれませんね。

私も20代の頃は給料つぎ込んでブランドものを買い求めていた時期がありました。ファッション雑誌もこまかくチェックしてトレンドを追いかけて。

大人になると、そんなトレンド追っかけパワーはなくなりますよね。子育てや家事や仕事で、本当にそんな時間もなくなりましたし。おしゃれ=面倒臭い。すごくわかります。

次ページ顔回りの小物づかいで、シンプルなのに驚きのきちんと感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT