村田解雇が映す巨人ナインの危険な肥満体質

自己管理は問題だがコーチも黙認している

巨人対中日 ファンの声援に応え球場を後にする巨人の村田修一選手=2017年9月27日(写真:日刊スポーツ新聞社)

巨人が11年ぶりのBクラス転落で初めてCS(クライマックスシリーズ)を逃し、主力打者の村田修一を自由契約にした。

村田はシーズン序盤、打撃不振で三塁のポジションを新加入のマギーに奪われた。やっと後半戦にポジションを取り戻して5番に座ったが、打率.262、本塁打14本ではクリンナップ失格だった。

鹿取義隆GM(ゼネラルマネジャー)は村田の自由契約について、「まだ十分、選手としての力はあると思うが、チームが若返りを図るためにこういうことになった。苦渋の決断でした」と語ったが、巨人の判断は正しいと思う。

私も村田の打撃と守備のセンスは評価している。しかし36歳で177cm、92kgの体は太りすぎで、動きも悪くなった。

ファンから見れば、大きな体の割には無難に捕るし、送球も安定しているので上手なサードに見えるだろうが、ショート出身で監督として両リーグの内野手を数多く見てきた私にいわせれば、年俸2億2000万円(推定)のサードとしてはものたりない。

以前から指摘しているように、もっと走って体を絞り込んでいれば、まだ巨人のサードと主軸の座を守ることができただろう。

阿部、澤村、菅野、田口も赤信号

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

私が村田の自由契約を見て気がかりなのは、巨人ナインの肥満体質である。

あらためていうまでもなく、主砲の阿部慎之助も38歳を迎えて97kgになり、一塁の守備がおぼつかない。巨人の若返り方針が本気なら、来シーズンは村田に続いて阿部の姿が巨人から消えるかもしれない。

私はこれまでも、右肩痛で二軍生活を続ける澤村拓一の肥満を指摘してきたが、投手陣で心配なのは澤村だけではない。

次ページ先輩名選手たちの自己管理に学べ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?