看取りまで行う、高齢者シェアハウスの実情

「施設」ではなく「家」

シニア世代の新しい暮らしかたとは?(画像提供/シルバーウッド・下河原忠道さん)

自分、あるいは家族が一定の年齢になると、老後の暮らしについて具体的に考えるようになる人も多いのではないでしょうか。内閣府の調査によれば、30年前に比べ、65歳以上のシニアで一人暮らしをしている人が7倍に増える一方、子どもと同居している人は4分の1に減少し、家族の形も様変わりしつつあります。シニア世代の新しい暮らしかたについて、取材をもとに考えました。

管理をしない高齢者向けシェアハウス

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

株式会社シルバーウッドは、サービス付き高齢者向け住宅を、「銀木犀」の名前で関東各地に展開しています。今回伺ったのは昨年12月に開業した「銀木犀<浦安>」。静かな住宅地にある緑道のそばに位置し、溶け込むように豊かな緑のエントランスが広がります。

【画像1】緑に囲まれた建物に入ると玄関の先に、開放的な受付兼執務スペース。子どもに人気の児童書『ぐりとぐら』などの絵本も目に入る(写真撮影/近藤智子)

シルバーウッド代表取締役の下河原忠道さんに、銀木犀の基本的な考え方についてお伺いしたところ、「銀木犀は国土交通省及び厚生労働省の共同管轄下にある賃貸住宅です。店子と大家の関係なので、入居者を管理することはありません。散歩を『徘徊だ』と決めつけませんから、近所のスーパーや、映画に行くのも自由です。ここは『高齢者向けのシェアハウス』なんです」と答えてくださいました。

次ページ入居できるのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。