ベットリ換気扇をピカピカにするプロの超技

油汚れの削り取りは素人にはできない

プロに頼めば3時間程度で、洗剤では落ちないシロッコファンにこびりついた固まり油まで、きれいに削り取ってくれます

ぎっしりこびりつき、ネットリと固まった換気扇やレンジフードの油汚れ。誰かに掃除をお願いしたい…という方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、おそうじ本舗の尾崎真さんに、プロに依頼するとどのようにお掃除をしてもらえるのかを聞いてみました。

触れてはいけない部分を保護してから掃除スタート

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

まずは最初が肝心。プロは周辺が汚れてしまわないように、テープを使って丁寧にまわりを保護するところからスタートします。最近の換気扇やレンジフードは、簡単に取り外して分解でき掃除がしやすいようになっているのですが、むやみに触ってはいけない部分があるのだそう。

「モーター部分はとくに注意が必要で、水が掛かると故障してしまいます。最悪の場合、モーター自体を交換しなければならず、修理費が高額になる場合もあるので、私たちプロが掃除するときには、触れてはいけない部分や濡らしてはいけない部分を必ず丁寧に保護します」(尾崎さん)

次ページ部品は40~50度の水温でつけ置き。その間に内部も掃除
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT