目から鱗!子どもの絵や工作を残すコツ

思い出の品を捨てるのを躊躇する人へ

「子どもの絵はとっておきたいけれど、整理が大変で収納スペースもない……」。そう悩んでいるのなら、注目したいのは子どもの作品の保管サービスです。

収納スペースが足りないなら保管サービスを活用

「フェリシモ」が行う収納保管サービスの場合、専用の収納キットをまず購入します。そのキットに付くボックスに保管したい絵を入れて送るだけ。ボックスには四つ切りサイズで30枚ほどの絵や習字の作品などが入れられるそうです。送った絵は1年間(更新可能)、空調管理が行き届いた倉庫で保管されるので、作品が傷む心配もありません。

さらに、保管する絵の中から好きなもの15枚を画像として取り込み、絵本に製本してくれるサービスも実施しています。世界に一冊だけのマイ絵本ができれば、子どもへの何よりのプレゼントになりそうです。

「未来へつなぐ 思い出ひきだしお申し込みキット」は1セット500円(税別、送料込み)。習字などを折り目をつけずに保管できる紙管もついています。収納保管サービスのみの料金は1年間で1ボックス2400円(税別、送料込み)(画像提供/フェリシモ)
絵本製作の「未来へつなぐ 思い出ひきだしからとび出たマイ絵本(1年間無料保管付き)」サービスも。保管料を含めて1セット5600円(税別、送料込み)で製作可能。画像データが収録されたCD-Rも付くのでパソコンでも楽しめます(画像提供/フェリシモ)

子どもがつくった愛らしい絵や工作は家族の宝物。幼稚園・保育園や学校から持ち帰ったものや家でつくった作品、もちろん、子どもからプレゼントされた絵や手づくりカードも、すてきに飾り上手に保管すれば大人になっても大切な思い出として心に刻まれていくのではないでしょうか。

SUUMOジャーナルの関連記事
狭くても快適に[1] 秘訣は「あえて収納家具を置かない」こと
『1週間で8割捨てる技術』で、あなたも捨てられるようになる!
編集部がピックアップ! 人気を集めた「片付け・収納術」記事6選
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。