目から鱗!子どもの絵や工作を残すコツ

思い出の品を捨てるのを躊躇する人へ

さらにおしゃれ度を高めたいなら、プロの手を借りるのも一つの方法です。

お気に入りの絵がプロの手で1枚のアートポスターに

例えば、「kodomo.ai(コドモ.アイ)」は子どもの作品をすてきにアレンジしてくれるインターネットのデザインショップ。絵や工作などを写真に撮ってその画像を添付、もしくは現物を郵送すると複数の絵や工作を組み合わせて1枚のポスターにしてくれます。

汚れや折り目、穴アキなども補正してもらえるので、仕上がりはまさにアート作品。サイズは貼る場所に合わせて、A3、A2、B2の3サイズから選ぶことができ、スペースに応じて選べるのもうれしいポイントです。アートパネル、絵ハガキ、マグネットなどにもアレンジしてくれるので、キッチンや玄関などのちょっとしたスペースにも作品を飾ってあげられそうです。

一番小さいA3サイズは10枚程度の作品が収められ、名前、日付、フリーテキストが入れられます。料金は画像加工・補正込みでA3サイズ8400円(送料別)(画像提供/kodomo.ai)
画用紙に描いたお絵描きを1枚の絵のように加工したOEKAKI ART POSTER。こちらも名前などのテキストが入れられ、料金はA2サイズ2万400円(送料別)(画像提供/kodomo.ai)
次ページ子どもの作品の残し方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。