目から鱗!子どもの絵や工作を残すコツ

思い出の品を捨てるのを躊躇する人へ

子どもの作品のおしゃれな飾り方と残し方のコツとは(画像提供/kodomo.ai)

子どもの成長とともに増えるのが、学校や幼稚園・保育園から持ち帰った絵や工作。母の日や誕生日などに「これ、ママ(パパ)に」と描いた絵をプレゼントしてくれることもあるでしょう。一生懸命つくってくれた作品だから素敵に飾ってあげたいと思いながらも、飾る場所に悩んだり、時間がなくてそのままにしてしまったり。

そこで、ライフオーガナイザーとして、整理収納サービス「Standard+」を運営する吉川圭子さんに子どもの作品のおしゃれな飾り方と残し方を教えてもらいました。三姉妹を育てるママでもある吉川さんが、実際にご自宅でお子さんの作品をどう飾られているのかもご紹介します。

展示スペースを固定して子どものアートギャラリーに

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

子どもの作品を飾るときに、まず決めたいのは「どこに飾るか」ということ。

「絵や工作を家のあらゆるところに飾ってしまうと、雑然として落ち着かない印象になってしまいがち。リビングにするか子ども部屋にするか、また、もしリビングに飾るならどこにするかといったことを子どもと相談しながら決めましょう」(吉川さん、以下同)

壁に貼る場合、マスキングテープで展示スペースを囲ったり、コルクボードを掛けたりして場所を明確にするのがポイントとのこと。工作など立体的な物も同様で、どの棚に置くかを決めたうえで、クロスを敷くかトレーを置くと展示スペースが分かりやすくなります。

吉川さんによれば、場所を決めたほうが特別感があって、子どもは喜ぶのだとか。「◯◯ちゃんのアートギャラリー」などのプレートを貼れば、気分は一層盛り上がりそうです。

吉川さんのご自宅。工作類はあちこちに飾らずに、展示コーナーを決めてまとめて飾っている。ランチョンマットやセンタークロスなどを敷くとスペース分けが明確に(写真撮影/上島寿子)
次ページ麻ひもなどでつるして飾る
関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。