中高生に大人気「リップシンク動画」の正体

スマホで手軽にできる「歌ってみた」

中高生は専用アプリでさまざまな動画を作成し、SNSで公開する(筆者撮影)
小学生の将来の夢に「YouTuber」が入る今、文字や写真だけではなく、動画や音声を発信することも特別なことではありません。Instagramのストーリーのように気軽なものから、リップシンク動画をトランジションを駆使して作ることも。何のことやらと思った方に、最近のショートムービー事情をお伝えします。

Vineから受け継がれるショートムービー文化

この連載の一覧はこちら

若い女性たちから始まった「インスタ映え」という言葉は、いまやInstagramを使っていない層にまで浸透しています。カラフルなパステルカラーで彩られた綿菓子、派手に盛られた料理、最高に眺めがいい海辺など、「インスタ映え」する商品や場所が大人気です。はっきりと定義されているわけではないのに、なんとなく共通の認識がある「インスタ映え」をみんなで追いかける面白い現象ですよね。

しかし「インスタ映え」に縛られてばかりでは、少々息苦しくなってしまいます。そこに登場したのがInstagramの「ストーリー」機能です。24時間で自動的に消えるため、盛れていない日常やおどけた動画も発信することができます。また、ストーリーにはスマホに保存している動画も投稿できるため、SNOWやSnapChatなどほかのアプリで作ったムービーも使われます。

短い動画の発信は、ストーリー以前にも行われていました。6秒の動画が無限にループされる「Vine」は2012年に始まり、Twitterを中心に拡散されていきました。当時女子高生だった大関れいかさんをはじめとした人気配信者を生み出しましたが、2016年にサービスを終了しています。

その文化はさまざまな動画配信サービスへと派生しました。中高生に人気のMixChannelもそのひとつで、スマホで撮影した動画を10秒のショートムービーにして発信することができます。中でも人気なのは「双子ダンス」。本当に双子、もしくは仲よしの友達が服装や髪型をそろえて双子のように見せて、振り付けに合わせて踊ります。体全体を使うダンスではなく、手や表情など上半身のみの振り付けが多いのも特徴です。

次ページ口パク動画はアプリで手軽に作れる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。