10年で半減!マンション駐車場が激減のワケ

東京23区で大きな異変

マンションの駐車場設置率が年々低下している(写真:ABC / PIXTA)

不動産経済研究所の調査によると、首都圏で新築分譲マンションの駐車場設置率が年々低下しているという。どのような状況なのか、マンションの駐車場の種類や特徴に違いはあるか、考えてみよう。

駐車場設置率は低下し続けている

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

首都圏のマンションの駐車場設置率は、2007年の77.3%をピークに年々低下し2013年には5割を下回り、2017年上半期(1~6月)には42.2%にまで落ち込むという。

エリア別に設置率を見ると(画像1参照)、発売戸数が多い都区部(東京23区)で最も低く、2007年のピーク時でも56.0%だったが以降は低下し、2016年は28.9%、2017年上半期は29.5%と3割を切る状態が続いている。

その他のエリアも同じく低下傾向で、2017年上半期に都下ではついに5割を切り、神奈川県では52.9%まで低下した。埼玉県は、2008年の82.6%をピークに2015年の57.2%まで下がり、下げ止まりの状態が続いている。最も設置率の高い千葉県は、2007年のピーク時には92.0%だったが、2017年上半期は61.9%まで下がった。

【画像1】首都圏マンション エリア別駐車場設置率の推移(出典/不動産経済研究所「首都圏の新築分譲マンション 駐車場設置率の数」より抜粋)
次ページマンションの駐車場といっても、いろいろな種類がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。