10年で半減!マンション駐車場が激減のワケ

東京23区で大きな異変

マンションの駐車場設置率が年々低下している(写真:ABC / PIXTA)

不動産経済研究所の調査によると、首都圏で新築分譲マンションの駐車場設置率が年々低下しているという。どのような状況なのか、マンションの駐車場の種類や特徴に違いはあるか、考えてみよう。

駐車場設置率は低下し続けている

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

首都圏のマンションの駐車場設置率は、2007年の77.3%をピークに年々低下し2013年には5割を下回り、2017年上半期(1~6月)には42.2%にまで落ち込むという。

エリア別に設置率を見ると(画像1参照)、発売戸数が多い都区部(東京23区)で最も低く、2007年のピーク時でも56.0%だったが以降は低下し、2016年は28.9%、2017年上半期は29.5%と3割を切る状態が続いている。

その他のエリアも同じく低下傾向で、2017年上半期に都下ではついに5割を切り、神奈川県では52.9%まで低下した。埼玉県は、2008年の82.6%をピークに2015年の57.2%まで下がり、下げ止まりの状態が続いている。最も設置率の高い千葉県は、2007年のピーク時には92.0%だったが、2017年上半期は61.9%まで下がった。

【画像1】首都圏マンション エリア別駐車場設置率の推移(出典/不動産経済研究所「首都圏の新築分譲マンション 駐車場設置率の数」より抜粋)
次ページマンションの駐車場といっても、いろいろな種類がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT