再確認しておこう!雨で濡れた靴のケア方法

出先での処置と、自宅で改めて乾かすコツ

外出時は、まず応急処置を。帰宅後にしっかり乾燥させれば、靴へのダメージを最小限に抑えられます。

靴の保管場所にも気を配ろう

靴が乾いても、靴箱に湿気が多いとカビが発生し、ニオイがつく可能性も。靴の上手なしまい方をご紹介します。

・靴箱を掃除する

リビング用洗剤をスプレーした雑巾で棚板などの内部をふいて、よく乾燥させておく。

・湿度を下げる

できれば毎日、靴箱の扉を開けて換気を。それでも湿度が高ければ除湿剤を置く。

・靴にシューキーパーを長期間入れたままにしない

シューキーパーで形を整えるのは、3日~1週間が目安。シューキーパーを長期間入れたまま保管すると、シューキーパーの型がついてしまうので注意。

・靴の中に乾燥剤を入れる

靴の形が整ったらシューキーパーを外して、乾燥剤を入れて保管。風通しがよい状態にして、靴の中にものを詰め込まないように。

濡れた靴のケアと、保管場所にも気を配ることが、大事な靴と長くつきあっていく秘訣です。ぜひ実践してみてくださいね。

(文:大畠理恵/取材協力:靴専科

マイカジスタイルの関連記事
運動会前にキレイにしてあげたい!体操着と運動靴の洗い方
雨に濡れた洗濯物を、時短&節水で洗い直す方法
洗濯物は、取り込んだらたたまない!

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT