再確認しておこう!雨で濡れた靴のケア方法

出先での処置と、自宅で改めて乾かすコツ

それでは、どうすれば早く乾かせるのか、正しいケアについて教えてもらいました。

濡れた靴を出先や自宅で乾かす方法

出先で雨に降られてしまったときなどは、

1. 新聞紙などの紙類を靴の中に詰める。
2. ドライヤーの冷風を靴の内側にあてる。

の2ステップで乾かし、応急処置をするのが良いとのこと。

<ポイント>
ドライヤーは、送風か冷風を選んでください。熱風はNGです。旅行用の小型のドライヤーなどを携帯すれば、ある程度乾かせるでしょう。

自宅で乾かすコツについても伺いました。

1.表面の汚れや水分を、乾いたタオルで拭き取る。

2.新聞紙を丸めて中に入れて、湿気を取る。

3.新聞紙を数回交換したら、ウッドシューキーパー(できれば、水分をよく吸うシダー製)を、靴の中に入れて、風通しのよい日陰に乾いたタオルを敷いて、1~2日置いておきます。靴の形を崩さず、中の汗や湿気を吸うというメリットがあり、ニオイを軽減するという二次効果にも期待できます。また、濡れた靴は完全に乾くまで履かないのが鉄則。

次ページ靴へのダメージを最小限に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。