再確認しておこう!雨で濡れた靴のケア方法

出先での処置と、自宅で改めて乾かすコツ

濡れてしまった靴をそのままにしておくと…(写真:azgek / PIXTA)

せっかくお気に入りの靴を履いて出かけたのに、急な雨で靴の中までビショビショ……なんて経験がある方も多いのでは? 今回は、濡れた靴の正しいケアの仕方を、靴の修理やクリーニングを専門に行っている「靴専科」技術トレーナーの大友良祐さんに聞きました。

濡れた靴を放置するとカビなどの危険性がある

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

たとえば、雨で濡れたからといって、革靴を洗うわけにはいきません。では、自然乾燥させれば問題ないのでしょうか?

濡れた靴をそのままにしておくと、数日でカビが生えたり、カビのニオイがしたりしてくる場合があります。雨ジミが残ることもありますし、長年使用している靴だと革が劣化するケースもあるのです」(大友さん)。

また「一度できた雨ジミをご家庭で無理に消そうとすると、シミが広がったり、悪化したりする場合も。靴クリーニング・修理専門店に相談することをおすすめします」とのこと。

すぐに乾かしてケアをするのがベストのようですね。

次ページ正しいケアの方法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT