カード払いを躊躇する人はこの新常識を知れ

現金でもクレジットでもない払い方が広がる

さらに、ポイントが貯まるもの、マイルが貯まるもの、キャッシュバックがあるもの、外貨預金と紐づけることで海外利用時にいちいち為替レートを気にする必要がなくなったり、ショッピング手数料がかからなくなったりするものなど、様々なカードがあります。一般的に、不正利用に対する補償もついているので、その点も安心です。

一部、年会費のかかるカードもありますが、

「現金は面倒。でもクレジットカードは使いすぎや管理に不安が……」

という場合には、便利な仕組みです。

余談ですが、デビットカードの中には高校生でも利用できるものがあります。高校生の場合、自分名義のクレジットカードを作ることは難しいですが、ネット通販の利用や海外に行く機会などがあれば、

「カードがあると便利だな」

と思うこともあるでしょう。デビットカードは、そんな悩みも解決してくれます。

なお、VISAやMastercardには、デビットだけではなく、プリペイドもあります。あらかじめチャージしておいた分だけ使えるものです。予算の上限を決めてお金を使いたい場合、海外に一定額だけを持っていきたい場合、お小遣いを渡す場合などにも利用できそうですね。

新しい決済手段は次々に生まれている

これまで、お金の管理や支払い方法に関しては

「現金派かクレジットカード派か」

という議論が主流だったと思います。

でも、それも時代遅れなのかもしれません。

新しい決済手段は次々に生まれています。

デビットやプリペイドばかりでなく、ビットコインなど、これまでの「通貨」の概念を覆すようなものまで出てきています。

そうした時代の流れに抵抗を感じることもありますが、「便利な仕組みを利用していくぞ」という姿勢で臨む方が賢明です。

お財布の中にカードが増えてきたな、と思ったら、見直しのチャンス。

クレジットカードも現金も必要ないという未来は、すぐそこまできているのかもしれません。

幻冬舎plusの関連記事
本はタイトルではなく目次を見て選べ!
人見知りな自分を責めるのをやめたら、人付き合いが楽になった。
シンギュラリティを目撃できるなんて、こんなハッピーな時代はない!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT