「人見知りな私でいい」と認めたら楽になった

「素の自分」が他人にとっていいとは限らない

人見知りとはいったい何だろう(写真:プラナ / PIXTA)
「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

累計16万部突破のベストセラー最新作! 7月末に発売になった『もっと、やめてみた。』から1話ずつご紹介していきます。

やめてみたシリーズは、漫画家のわたなべぽんさんが日々の生活を振り返って、生活必需品から心の中まで、実はいらないかもと思ったあれこれを思い切ってやめてみた様子を描いたものです。第二弾となる本書では、人間関係や自分に対する思い込みを洗いなおしてみたり、やめてみたら新しいことが始められたりと、一歩進んだ「やめてみた生活」を送り始めたぽんさん。今回は、人見知りな自分を責めるのをやめたら、必要以上に気にならなくなったエピソードです。

知らない人が来る飲み会

次ページかなりの人見知り
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。