25歳で車椅子生活になった人が考えた「家」

ある日、下半身不随になったら…

丹羽太一さん、菜生さん夫妻。出会いは大学の研究室で知り合う。菜生さんが車椅子の人に身近に接したのは、太一さんが初めてだったそうです(写真撮影/蜂谷智子)

みんなが心地よくいられる“開かれた家”とは?

「障がいを負った人が、社会生活に復帰するときに一番のハードルは病院を出て暮らすことです。僕のように障がいの程度が重いと、常時何らかの介護を受けることが必要ですから、ヘルパーが必要です。そうすると家は、“自分の空間”というよりも、“他者と心地よい関係を保てる空間”であることのほうが重要になってきます」(丹羽太一さん。以下、太一さん)

バリアフリー住宅というと構造のことを指していうことが多いのですが、他者の手伝いなくしては生活がままならない重度の障がい者にとって、一番大切なのは人との関係性。太一さんも社会復帰の際は、まずヘルパーをたくさん確保することから準備を始めたそうです。

多くのヘルパーが必要な理由は、家族などの限られた人に頼ると、その人がいなくなったら自分も生きていけなくなってしまうから。依存先を増やし、風通しのよい空間をつくることが、障がい者の自立にはとても大切なのです。

「この家にはふたつ入り口があります。1階と2階のウッドデッキそれぞれに出入り口を設けてヘルパーが出入りしやすいようにし、また、ヘルパーの来訪時であっても家族のプライバシーが保てるようにしています。障がい者が家族と暮らしている場合は、ヘルパーと家族が一定の距離を保てるようにすると、お互いに気が楽です」(太一さん)

ヘルパーは階段とつながるウッドデッキから、直接太一さんの居るオフィス兼住居に入る(画像提供/丹羽太一さん)
大きな掃き出し窓からウッドデッキにつながる室内。開放感があると同時に、どこに居ても太一さんの様子を確認できる(写真撮影/蜂谷智子)
次ページ暮らしやすさの追求
関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。