家を「早く、高く」売る、米国人の合理的な発想

シアトルでは1カ月で8割売れる!

住宅売却時にホームステージングをするメリットとは?(画像提供:吉川みどり)

「大切な家を売るなら『ホームステージング』は必須。アメリカでますます注目が集まる『ホームステージャー』の実態」というタイトルのセミナーがあると聞いて参加した。日本でようやく動き出した「ホームステージング」だが、本場アメリカの実態はどうだろう。

「ホームステージング」は中古住宅を早く高く売るため

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

「ホームステージング」とは、住宅を売却するときに、家を家具やインテリアなどでディスプレイして魅力的に演出すること。「できるだけ早く、できるだけ高く」売ろうという仕掛けだ。

このセミナーの講師である吉川みどりさんは、ホームステージングの本場・アメリカのシアトル在住で、住宅の内装設計から施工、ステージングまで幅広い仕事をされている。

「椅子にひざ掛けやクッションを置いたり、テーブルの上に暮らしをイメージできる小物を置くだけでも印象が違います」と説明する吉川みどりさん(撮影:住宅ジャーナリスト・山本久美子)
次ページHOUSE=家を、HOME=家庭に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。