北朝鮮の漁船急増、甘エビ大幅減のピンチ

トラブル回避のため漁をせず戻ったケースも

水揚げされた色鮮やかな甘エビ

北朝鮮籍とみられる漁船が多数違法操業

日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内にある漁場「大和(やまと)堆(たい)」に北朝鮮籍とみられる漁船が多数違法操業している問題に絡み、福井県の5~8月の大和堆での甘エビの水揚げ高が前年度比76・3%に落ち込んだことが27日、分かった。違法操業に加え、韓国漁業者との合意で行ってきた海底清掃ができなかったことが影響しているという。

あわら市内で開かれた福井、石川、新潟、兵庫県の底引き網漁業者でつくる「第38回大和堆操業に関する協議会」の本年度会議で報告された。

福井県底曳網漁業協会の齋藤博美会長らによると、会議では水揚げが減った理由について、外国漁船の違法操業が急増し、トラブルを避けるため漁をせず戻ったなどのケースが報告された。

さらに、福井県では、毎年日韓の民間漁業者が協議し日本が行っていた大和堆の海底清掃を、今年は韓国が協議に応じず一部実施できなかったため、放置された韓国のかご漁のかごに網が引っかかり破れたことも影響しているという。

5~8月の大和堆での漁獲実績は、出漁のなかった兵庫県を除き3県とも前年度を下回った。会議では、海保と水産庁に外国漁船の取り締まり強化を要望することを決めた。また海底清掃の継続について国レベルでの話し合いを求めた。

会議は大和堆での操業をほぼ終えたこの時期に毎年4県持ち回りで開いている。漁業者や行政担当者ら28人が出席した。

福井新聞の関連記事
好漁場に北朝鮮の漁船、命がけの漁
越前岬沖30キロに謎の沈没船
山菜泥棒続発で悲鳴「もう無理や」
関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。