「とりあえず居酒屋」をやめたらラクになった

「飲めないと淋しい」は思い込みかも

忙しい夜はさっとできるお茶漬けですませましょう(写真 : grace / PIXTA)
「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

累計16万部突破の「やめてみた」シリーズ。7月末に発売になった第2弾『もっと、やめてみた。』の中から1話をご紹介します。

このシリーズは漫画家のわたなべぽんさんが日々の生活を振り返って、生活必需品から心の中まで、実はいらないかもと思ったあれこれを思い切ってやめてみた様子を描いたもの。

本書では、人間関係や自分に対する思い込みを洗いなおしてみたり、やめてみたら新しいことが始められたりと、一歩進んだ「やめてみた生活」を送り始めたぽんさん。今回は、仕事が忙しくなるとついつい居酒屋に…という生活をやめてみたら、というエピソードです。

忙しい!ご飯が作れない!

次ページ居酒屋は忙しいときの強い味方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。