六本木ヒルズの「帰宅困難者」対策がすごい

災害発生への備えはこうなっている

帰宅困難者の受け入れに対してどのような準備をしているのでしょうか(写真 : crazymedia / PIXTA)

2011年3月11日、東日本大震災の影響で首都圏において約515万人の帰宅困難者が発生し混乱を招いた。その経験を踏まえ、東京都と国は帰宅困難者対策に取り組んできたが、民間企業でも積極的な対策を検討し取り組む動きがある。

今回は、東日本大震災発生時に帰宅困難者を即座に受け入れ宿泊場所を提供し話題になった、六本木ヒルズなどを管理・運営する森ビルに、帰宅困難者の受け入れに対して、実際にどのような準備をしているのか、話を聞いた。

「逃げ込める街」をテーマに安全の基盤を整備

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

六本木ヒルズをはじめとする都市開発、大規模複合型再開発などに取り組む森ビル。1995年に発生した阪神・淡路大震災の経験から「(災害時に)逃げ出す街から逃げ込める街へ」をコンセプトに、建物の耐震性能はもちろん、道路、交通インフラなど都市インフラも含め、災害に強い街づくりを目指している。また、万が一の災害時に迅速に対応し被害を最小限にするために安全の基盤を整備している。

多数の震災訓練の実施と防災要員の育成がそのひとつだ。「森ビルでは、有事の際、帰宅困難者の受け入れ体制を整備するとともに、すみやかに震災対策組織体制に移行し、迅速な復旧活動が行えるよう定期的な訓練を行っております。森ビルの全社員約1300人が参加して行う訓練として、年2回の『総合震災訓練』、年3回の『安否確認訓練』があります。また、年1回、毎年3月11日には、六本木ヒルズの自治会との共催で行う『震災訓練』、毎月11日には、管理部門社員を対象にした『防災の日訓練』があります」と話すのは、森ビル株式会社広報室兼震災対策室事務局の山下佳美(やましたよしみ)さん。

【画像1】森ビル株式会社広報室兼震災対策室事務局の山下佳美さん(写真提供/森ビル)
次ページ街全体の訓練で、毎年約1000人が参加
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT