六本木ヒルズの「帰宅困難者」対策がすごい

災害発生への備えはこうなっている

帰宅困難者の受け入れに対してどのような準備をしているのでしょうか(写真 : crazymedia / PIXTA)

2011年3月11日、東日本大震災の影響で首都圏において約515万人の帰宅困難者が発生し混乱を招いた。その経験を踏まえ、東京都と国は帰宅困難者対策に取り組んできたが、民間企業でも積極的な対策を検討し取り組む動きがある。

今回は、東日本大震災発生時に帰宅困難者を即座に受け入れ宿泊場所を提供し話題になった、六本木ヒルズなどを管理・運営する森ビルに、帰宅困難者の受け入れに対して、実際にどのような準備をしているのか、話を聞いた。

「逃げ込める街」をテーマに安全の基盤を整備

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

六本木ヒルズをはじめとする都市開発、大規模複合型再開発などに取り組む森ビル。1995年に発生した阪神・淡路大震災の経験から「(災害時に)逃げ出す街から逃げ込める街へ」をコンセプトに、建物の耐震性能はもちろん、道路、交通インフラなど都市インフラも含め、災害に強い街づくりを目指している。また、万が一の災害時に迅速に対応し被害を最小限にするために安全の基盤を整備している。

多数の震災訓練の実施と防災要員の育成がそのひとつだ。「森ビルでは、有事の際、帰宅困難者の受け入れ体制を整備するとともに、すみやかに震災対策組織体制に移行し、迅速な復旧活動が行えるよう定期的な訓練を行っております。森ビルの全社員約1300人が参加して行う訓練として、年2回の『総合震災訓練』、年3回の『安否確認訓練』があります。また、年1回、毎年3月11日には、六本木ヒルズの自治会との共催で行う『震災訓練』、毎月11日には、管理部門社員を対象にした『防災の日訓練』があります」と話すのは、森ビル株式会社広報室兼震災対策室事務局の山下佳美(やましたよしみ)さん。

【画像1】森ビル株式会社広報室兼震災対策室事務局の山下佳美さん(写真提供/森ビル)
次ページ街全体の訓練で、毎年約1000人が参加
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。