就活後半に選んだ「就職人気企業」トップ300

1位みずほ、2位がANA、3位は三菱東京UFJ

就活後半に学生に投票してもらった「就職人気企業ランキング」で1位になったのは、みずほフィナンシャルグループ だった(撮影:今井康一)

就職活動を経て、学生はどんな企業を評価し、注目しているのか――。

今年の就職活動は、空前の売り手市場の中、各社は早い段階から内定を出す企業が続出、4~5月中に半数以上の企業が内定を出し、経団連加盟の大手企業も、6月に入ると一斉に内定を出す展開となった。

複数内定続出で"内定後"に注目集まる

一方、学生の方は、早い段階で内定を得ても、さらに就活を続ける学生が少なくなかった。複数内定を得る学生も半数を軽く超えており、内定獲得後にどの企業に就職するべきか、改めて会社を念入りに調べる学生もいた。

当然、活動する前と後では、企業に対する考え方も違ってくるし、人気企業の傾向も違ってくるかもしれない。前半と後半でどのような差があるのか? 今回、「就活後半に学生に聞いた人気企業ランキング」を作成したので、その結果から傾向を見ていこう。

東洋経済オンラインでは、就活中の学生を対象にした、「就活ブランドランキング調査」を定期的に発表している。データは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしており、同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する2018年春卒業予定の大学生や大学院生が調査対象者となっている。

調査期間は4月から7月となっており、就活の「後半」戦の結果となる(前半の結果はこちら)。あこがれやイメージが先行しやすい前半の状況とは違い、業界研究や会社説明会、筆記試験、面接などを経て、就活生はより現実的に企業を見るようになっている。

次ページ1位はあのメガバンク
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT