「フランスの超天才」が予測する2030年の世界

ジャック・アタリ氏「国境はいずれなくなる」

イノベーションによって世の中は劇変する(写真:Graphs / PIXTA)

フランスナンバーワンのエリート校(ENA)を卒業し、38歳にして故フランソワ・ミッテラン大統領の補佐官を務め、欧州復興開発銀行の初代総裁などを歴任したジャック・アタリ氏。米ドナルド・トランプ大統領の誕生を予言し、仏エマニュエル・マクロン大統領を政界に導いた人物でもある。

世界の情勢が混迷を深める中、私たちはテクノロジーの進化や政治、経済の変化に対して、どのように対応して生きていけばいいのか。アタリ氏の近著『2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!』から、大胆かつ緻密に2030年の世界の姿を予測する。

ものすごいイノベーションの大波が押し寄せる

19世紀末を別とすれば、2017年から2030年までの間に、人類史上まれにみる大型のテクノロジーイノベーションが続出し、われわれの暮らし、労働環境、学習方法、介護、思考、信条は激変する。それらのイノベーションにより、希少性という問題は大幅に改善されるだろう。

まず、すでに実現化しているイノベーションの一部が、企業、労働者、消費者、一般市民の日常生活にとって極めて重要になる。それらは、文化、生活慣習、イデオロギー、政治に影響を及ぼす。

コンピュータの性能向上によって、ビッグデータの威力が増す。2016年以降、ムーアの法則が働かなくなったとしても、である。たとえば、インテル社の創業者ゴードン・ムーアは、半導体の性能は18カ月ごとに倍になると唱えたが、インテル社によると、今後、それは30カ月になるという。

2025年以降、コンピュータは1秒間に2.88×1017回の計算を実行する。ちなみに、人間の脳は同じ時間内に10×1017回の計算を行えるので、その差はわずか3.5倍でしかない。新たな道具(機械学習、深層学習)により、予測モデルはより効率的かつ詳細になり、知識および医療分野はしだいに自動化される。人間は機械と会話するようになる。

次ページ3Dプリンタの浸透
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT