漫画!つい増える「ビニール傘」をやめてみた

家に9本もあったことに大反省

急な雨に、ついつい増えてしまうビニール傘だけれども…(撮影:今井康一)

累計15万部突破のベストセラー『やめてみたシリーズ』。漫画家のわたなべぽんさんが日々の生活を振り返って、生活必需品から心の中まで、実はいらないかもと思ったあれこれを思い切ってやめてみた様子を描いたものです。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

7月20日に発売になった第2弾『もっと、やめてみた。』では、人間関係や自分に対する思い込みを洗いなおしてみたり、やめてみたら新しいことが始められたりと、一歩進んだ「やめてみた生活」を送り始めたぽんさんの日々がつづられています。今回はその中から「それ、あるある!」と思わず頷く「ビニール傘」のエピソードを紹介します。

降ってきてしまったから仕方なく…

次ページうちに帰れば傘なんていくらでもあるのに!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。