間違った歩き方と靴の選び方が不健康を招く

悪い癖がつくと体にダメージを与えかねない

間違った歩き方をしていませんか?(写真 : プラナ / PIXTA)
累計15万部突破のベストセラー文庫『百歳まで歩く 正しく歩けば寿命は延びる!』。30代からシニア層までじわじわ幅広くヒット中です。今回のためし読みが間違った歩き方や靴の選び方について。
中高年以降、筋肉が弱ってくる時期に悪い癖をつけてしまうと、つまずきやすくなるなど、身体へのダメージは計り知れません。そんな時こそオススメしたいのが後ろ歩きトレーニング。ヒップアップ効果やO脚矯正効果も期待できる方法をお伝えします。

中高年以降にありがち、間違った歩き方

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

正しい歩き方との比較をしなくても、薄々は、間違った歩き方をしているとわかっている人も多いはずです。

歩行は参加する筋肉の数が多く、歩くときに参加する筋肉はその人の歩き方のくせ、歩行速度、履物などによって違うわけで、どこかで一歩間違うと間違った歩き方になってしまうでしょう。

中高年以降の間違った歩き方で目にするものは「膝を曲げたままの歩き方」「上体を左右に大きく振る歩き方」「必要以上に足を持ち上げる歩き方」です。

あなたのいつもの歩き方がこのうちのどれかに該当する場合は、それぞれの歩き方になる原因を理解しましょう。歩き方から、どの筋肉が弱っているかがわかります。

「膝を曲げたままの歩き方」になるのは、まず、立ったときの姿勢が前傾姿勢であることが考えられます。また、歩くときの歩幅が広すぎても膝が曲がります。歩幅を無理に広くすると脚を意識して前に出すことになり、正しく歩くことの要素である蹴った反動で脚を前に出すというポイントや、かかとから着地することができなくなり、おのずと膝が曲がることになるのです。

また、歩くときに腕を強く振りすぎると、走ることに近い運動体勢になり、膝が曲がった歩き方になってしまいます。

「上体を左右に大きく振る歩き方」をしている人は、老化や運動不足による大臀筋の低下が第一に考えられます。大臀筋が低下すると、重心移動がスムーズにできなくなります。大臀筋の代わりにお尻の奥にある骨盤をねじる筋肉の梨状筋が働き、上半身と下半身は連動して動き肩を振ったように歩くことになるのです。

次ページ歩き方を改善するためにすべきこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT