穴場!山手線内側で家賃が安い駅ランキング

コスパを重視する人はここを押さえよう

11位以下も見ていこう。家賃相場が8.3万円だった11位のJR山手線・池袋駅は都内を代表する繁華街。JR各線のほかに東武池袋線、西武池袋線、東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線も通るターミナル駅でもある。その交通の便のよさからは家賃相場がもっと高そうにも思えるが、11位になったことを考えると意外とリーズナブルな賃貸物件もあるようだ。

12位の本駒込駅は東京メトロ南北線の駅で、家賃相場は8.4万円。1駅隣は18位の東大前駅、さらに本駒込駅から徒歩7分ほどで同じく18位に入った都営三田線・白山駅にたどり着く。本駒込駅の周辺は寺院が多く点在する落ち着いた街並みで、江戸時代には武家屋敷が建ち並んだ地域でもある。駅から徒歩15分ほどの「六義園」周辺は現在、広い敷地の一戸建て住宅が居を構える住宅地としても知られている。

同じく12位の東京メトロ千代田線・根津駅の周辺は、駅から徒歩約5分の場所にある根津神社の門前町として古くから栄えた街だ。10分も歩けば動物園や美術館を抱える上野恩賜公園が広がり、一帯には歴史ある建物も多く残されている。根津は「谷根千エリア」として知られ、休日にぶらりと散歩に出たくなる街並みだ。と同時に、東京メトロ千代田線でビジネス街の大手町駅に3駅で到着する便利な立地でもある。

穴場物件は山手線の北側にアリ!?

さて、東京23区中でJR山手線の内側に位置する区をざっくりと北側から挙げていくと北区、荒川区、豊島区、文京区、台東区、新宿区、千代田区、渋谷区、港区、品川区の10区。そのうち今回の家賃相場が安いトップ20に入った駅は5区のみで、環状に連なるJR山手線の北半分に集中していた。さらにJR山手線の駅に注目してみると、ランクインした駅はすべて高田馬場駅~日暮里駅間に位置する9駅だった。さらに、2017年にSUUMOが実施した住みたい街ランキングの「穴場だと思う街」でも、山手線の北側が多くランクインしていることから、注目が高まっているよう。

「山手線の内側に住んでいる」というブランド感や利便性を享受しつつなるべく安く住みたいなら、内側でも北側寄り、さらにJR山手線沿線にこだわるなら高田馬場駅~日暮里駅間に絞り込んで探すのがコツと言えそうだ。

●家賃相場の調査概要
・マンション、アパートともに15戸以上登録されている駅が対象です
・家賃相場は2017年3月1日~5月31日にSUUMOに掲載された賃貸物件から算出しています(随時更新のため変動の可能性があります)
・賃貸物件は駅徒歩15分以内、10m2以上の定期借家をのぞくワンルーム・1K・1DKが対象です

 

(文:大西智与)

SUUMOジャーナルの関連記事
意外と住める? 山手線29駅、賃貸一人暮らしが安い駅ランキング
引越し予定がある人必見! 「東京主要駅まで30分以内」の賃貸安い駅ランキングまとめ
東京23区の家賃相場が安い駅ランキング! 2016年版
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。