AIが回答!横浜市のゴミの分別実験がすごい

「チャットボット」を試験運用

横浜市のごみ分別にかける本気度がすごい!(写真:monogocoro* / PIXTA)
当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

自転車、梱包材のプチプチ、デオドラントスプレーの容器、フライパン……。あなたは、上記の品々を住んでいる自治体でごみとして捨てる場合、どのように分別すればいいのか即答できるだろうか。「梱包材のプチプチはプラごみ?」「スプレーは缶かな」「フライパンは粗大ごみ?」なんて、迷う人も多いはず。横浜市ではこうしたごみ分別をおしゃべり形式で教えてくれる「チャットボット」を現在、試験的に運用している。捨てたいごみを入力するとどの分類になるのかや、捨て方を教えてくれるスマートフォン用ごみ分別辞典アプリ「ミクショナリー」などもすでにあるというのに、どうしてそこまで「ごみ分別」に本気なのか、その取り組みを取材してきた。

「ごみ分別がされていない」は、地域のトラブルのタネ!

捨てたいごみを入力すると、捨て方を「イーオ」が教えてくれる。「粗大ごみの捨て方の詳細はこちら」のリンクをクリックすると粗大ごみの捨て方のページが表示される(「イーオのごみ分別案内」画面キャプチャー)

現在、横浜市とNTTドコモが共同で実証実験を行っているチャットボット「イーオのごみ分別案内」は、捨てたいものを入力すると、「燃やすごみだよ」「粗大ごみだよ」などと、ごみの分別方法や捨て方を会話のように答えてくれるシステム(好評につき現在、実証期間延長中)。捨てたいものを入力すると人工知能が答えてくれる形式なので、検索より会話に近く、より身近・手軽に楽しくごみ分別が分かる。対応している単語は2万語以上だという。

横浜市では、このチャットボットのほかに、ごみ分別の案内パンフレットの発行はもちろんのこと、スマートフォン向けの「横浜市ごみ分別アプリ」(※捨てたいものを入力すると種類を教えてくれる)、ごみ分別をゲームとして楽しめる「分別ゲーム」(流れてくるごみを分別していくゲーム)も開発。確かにごみ分別は10品目15種類と細分化されているとはいえ、ちょっと本気過ぎじゃないだろうか。担当部局である、資源循環局政策調整部3R推進課の江口課長に、その理由を聞いてみた。

次ページ横浜市ならではの事情もある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。